趣味的お部屋

ガンプラ弄りがメインです… とか書いていたわりに最近すっかりマクロスモデラー化してきたイサムダイソン(`∇´ゞ もちろんガンプラも好きよー(≧∇≦)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カリ組み♪




" align=
全体のバランスを見る為に仮組してみました。


一応、変形する部位によって装甲の素材が違うと仮定。

耐熱性や応力の掛かりそうな部分にはステンレス。

胴体や機首は操縦性などを考えて同一素材(胴体部分のねじれ剛性が弱いと操縦性の悪化を招くので、ここに変形ギミックが入ってる事を考えても胴体の剛性は目一杯上げているハズ)と仮定してアイアンを使って磨いてます(*^o^*)


フラップなど軽量になるハズの部分にはクロームシルバーを使って、別パーツ感と、アクセントをつけてます(笑)


ベクターノズルはステンレスで塗ったあと若干の色味の変化をつけてます。


表面をコーティングする為、スモークグレーを吹いてあります。


部位によって吹いてる部分とそうでない所がありますが吹いた部分はちと思いかな?


てんちょー様にはエアブラシで吹いたらと言われたんですが、今回は筆塗りで出来るムラとボコボコ感が欲しかったのであえて筆塗りです(笑)


ごめんなさいてんちょー様。m(_ _)m


どんなにキレイな金属板でも塗装や防腐処理が入った段階で表面は均一にはならない(車の表面が均一に見えるのは表面に塗られてるクリア層のおかげだったりします)のでそういう感じを出したかったんですよね(笑)


飛行機の場合、組み合わされてるパネルのセンターの退色が酷いのは、同一素材でもパネルの接合部の肉厚が厚くなるので熱伝導率が違う為ではないかと思う(補強や接合部のない中央部は軽量化の為、薄く出来てる)そういう基本的な工業製品の基本は変わってないだろー(笑)


とか考えながら塗ってみました(*^o^*)


まあーエネルギー転換装甲なんて設定もあるからそんな感じで(爆)

スポンサーサイト
  1. 2011/09/02(金) 09:49:13|
  2. VF-11Bサンダーボルト制作記 習作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<カリ組みから本組みへ | ホーム | 塗った(笑)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://brenten.blog101.fc2.com/tb.php/239-3302579e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。